top小

日本観光は世界的に評価が高く、多くの国の人が旅行に訪れています。そして現在、日本へ訪れる観光客の中でもも多いのが韓国人です。日本へ観光に来る韓国人はなぜ多いのでしょうか。また、日本のどのようなところを見に訪れているのでしょうか。

特に最近では、円安効果が影響して、外国人観光客が増加し、月の旅行収支が1970年の大阪万博以来44年ぶりに黒字を記録しました。
韓国は、建国当初から反日感情が強く、日本の漫画や映画、音楽などの大衆文化は法律で強く規制されていました。しかし、90年代後半から少しずつその規制は緩和さていきました。それによって日本への観光客も次第に増えています。さらには、最近の円安加速に伴って、日本を訪れる韓国人旅行客はさらに増加傾向にあります。
逆に、韓国へ旅行に訪れる日本人は激減しているようです。2012年は351万人だった訪韓日本人は、今年2014年は240万人と予想されています。たった2年なぜこれほどまでに急激に減少してしまったのでしょう。最も大きな原因と考えられているのが、日韓関係の悪化です。それに伴って、ここ最近韓国に対する否定的な報道が増えてしまったため、韓国に対するイメージ低下に繋がり個人旅行から修学旅行などの団体旅行までもが大幅に減少し、結果としてこれほどまでに訪韓日本人は激減しました。

3年以内に訪日旅行へ訪れた韓国人を対象にとったあるアンケ-トでは、2年以内に再び日本へ訪れたいと答えた人が7割と超えました。このように、観光へ訪れた人の満足度が高く、リピーターが多いことが考えられます。
日本を訪れる韓国人の中で人気のエリアは新大久保で、そこを拠点に観光する人が多いようです。観光のメインは主にショッピングで電化製品などが人気です。これは日本の電化製品の質が良いから、という理由だけではありません。例えば、日本でiPadを購入する人なども多いのですが、これは、アップルが製品の価格を全世界で統一しているため、レートの変動が大きく影響するからです。そのために、円安が進む最近は、iPadなどのアップル製品を購入していく人が多いのです。

他にも、女性には日本ブランドの化粧品などが人気のようです。日本の化粧品は韓国のものよりも高価ではありますが、良質であるために韓国人女性の間で流行しているようです。
このように、訪日韓国人は単に観光地巡りが目的ではなく、ショッピングへの関心も高いことがうかがえます。

ホテル検索サイト

バンコク ホテル

バンコク他、タイのホテル予約は人気ランキングから探せるバンコク満員御礼ホテルへ

ソウル ホテル

チャプチェにチジミに焼肉、満腹ソウル旅を快適に過ごせるホテルはこちらから